社会情報大学院大学
開学

広報が組織と社会の未来を拓く。

第1期 院生募集中
2017年1月22日出願〆切

入学説明会申し込み

未来の領域を発見する最先端の人材育成

「広告」だけでなく、「広報」の時代へと社会がシフトしています。
個人があらゆる情報にアクセスでき、シェアできるこの情報社会では、
いかに正しく、早く、面白く、情報を発信できるか鍵になります。

広報にもっとクリエイティブの精神が必要です。
社会情報大学院大学は、広報の未来を探求する大学院です。

  1. 年間40名の少数精鋭の
    院生制度

    社会情報大学院大学は、年間40名の少数精鋭の入学制度となっています。講師陣は、広報を専門とする教授陣に加え、企業などで実践を行う情報や経営のプロをゲスト講師として招聘し、密度の濃い、充実したカリキュラムを提供します。

  2. 戦略づくりで成長する
    2年間

    論文の作成ではなく、広報・情報戦略を構築することが2年間のゴールです。理論の研究だけでなく社会と組織の成長につながる実践的な成果を生み出します。

  3. 広報・情報学修士の
    取得

    カリキュラムと、最終的な広報戦略の立案を通じて、広報・情報学修士を取得することができます。広報・情報のプロフェッショナルとしての活躍が期待されます。