社会情報大学院大学への各界から
推薦メッセージ

  • ANAホールディングス株式会社 代表取締役会長
    伊東 信一郎 氏
    信頼される広報こそが、企業成長のカギ。
    企業が危機に瀕した際や、新たな成長ステージに向かう際に重要なのは、従業員、株主、顧客などのステークホルダーに、会社の状況を正確に発信し、信頼を得ることです。全方向のコミュニケーションが成立してこそ、企業は前進することができます。広報が高度な専門性によりその役割を担います。広くかつ深い学識と卓越した能力を身につけてこそ、その使命が果たせます。本学での教育研究を期待します。
  • アサヒグループホールディングス 株式会社相談役
    荻田 伍 氏
    “正解”を導き出す鍵が広報にあり。
    人口減少社会、産業構造の変革など、わが国は“皆が納得する正解”のない課題に直面しています。企業など経営体を取り巻く環境も複雑化し、ステークホールダーの関心は多種多様になっています。これに伴い広報活動やコミュニケーション活動の重要性はますます高まってきました。今や“正解”を導き出す、課題解決の鍵ともいえます。この新しい大学院が新しい広報・コミュニケーション活動のあり方の教育研究を進め、国際社会に通用する広報人材を育成していただきたいと思います。企業や社会の活性化に寄与することを大いに期待します。
  • 一般財団法人経済広報センター 理事長
    久保田 政一 氏
    経済界にとっても 重要な教育研究。
    企業は社会との関わりがあってこそ存在し得ます。いま社会は大きく変わってきています。経済界も変革に取り組んでいますが、その際に、社会の声を謙虚に聞き、多様な価値観を広く受け止め、生活者目線に立って、丁寧に分かりやすく明確な情報発信を行うことが、社会の理解と支持を得ることにつながると考えております。広報の役割がますます増えている中、各企業にとって高度専門的広報人材の育成が急務になっています。本学の教育研究に期待します。
  • 株式会社資生堂 特別顧問
    弦間 明 氏
    自らのアイデンティティーを磨く知力を。
    いま企業には、グロバール競争に打ち勝つべく自社のアイデンティティーを基軸にした高付加価値創造とブランド戦略が喫緊の課題です。決して他に迎合わせずに、自社の考えを社会に根付せようとする情熱と行動が大事です。その中で、コミュニケーションを司る広報部門の存在とその役割が極めて重要です。実務に役たつ知識だけでなく、自社の未来を拓いていく道筋を描いていく気概と知力と能力を本学での2年間でしっかりと身につけていただきたいと思います。
  • 株式会社ダイヤモンド社 代表取締役会長
    鹿谷 史明 氏
    広報の手腕が企業価値を高める時代。
    インターネットの進化により、情報発信のあり方が大きく変わりました。雑誌をはじめとするこれまでのメディアに加え、SNSなどのツールも多様性を増やしており、それらを駆使したステークホルダーとのコミュニケーションの取り方の巧拙が、組織の盛衰を決める時代です。複雑な環境下において、広報担当者には、自らの顧客と社会に対する深い洞察力を養うとともに、コミュニケーションの本質を理解することが求められています。本学で、そのあり方を研究することは非常に有意義なことであり、メディアとしても、その発展を見守ってまいりたいと思います。
  • 株式会社プレジデント社 代表取締役社長
    長坂 嘉昭 氏
    本物の情報リテラシーと発信力を
    世の中の変化のスポードが加速する中、明快なメッセージを持たない企業や団体は、社会、消費者、ユーザーから捨て置かれ、脱落する厳しい時代になりました。企業は、正しい事業活動や取り組みを、社内外によりうまく伝え、より深く理解してもらい、よりよい関係を築いて、初めて企業価値を高めることができます。ゆえに、本物の情報リテラシーと発信力を備えたプロ広報の仕事の役割がますます大きくなっています。本学で、そのあり方を研究されることは非常に有意義ではないかと考えます。メディアの一員としても、本学により経済社会の発展、改革に寄与することを大いに期待しております。
  • 株式会社ディー・エヌ・エー 代表取締役会長兼執行役員
    南場 智子 氏
    スキルだけではなく、
    人間性も磨く場としても期待
    企業は生活者と共にあるべきだと考えています。生活者が共感してこそ、企業も成り立ちます。そのためには、組織がいまどんなことを考えているのか、まずは知ってもらうところから始まるのではないかと思います。そこにおいて広報関連部門の役割は大きいと思います。SNSなど共感できるコミュニケーションツールが発達しています。それだけに小手先の技術だけでは看破されますので、広報や情報に携わる人の人間性が大事になります。単にスキルを身につけるだけでなく、新しい本学で人格も磨く場になることを期待しています。
  • 元伊藤忠商事会長・社長 元在中国特命全権大使
    丹羽 宇一郎 氏
    社会の信頼を得る広報が大事。
    信頼が得られれば必ず利益はついてきます。社会における信頼を得ていくことがますます重要になってきています。社外だけではなく、経営と従業員の信頼関係も同様です。信頼を得ていく上では、広報が鍵になります。広報の役割は社長のクローン。社長と表裏一体である必要があります。従って、企業のコミュニケーションを司る広報は、企業が社会の一翼を担う姿勢を理解し、高い視座と広い見識を身につけていかなければいけません。これは企業活動だけではなく、政治においても同様です。さまざまなツールが高度化し、一方通行ではなく、多方面のコミュニケーションの時代において、本学のような教育研究は非常に重要なことです。