情報を分析し戦略を立案、
発信し実行する人材を育成します。

学校法人 先端教育機構
社会情報大学院大学
学長 吉國 浩二

1975年東京大学経済学部経済学科卒業。1975年日本放送協会入局。横浜放送局長、経営委員会事務局長、理事を歴任し、2012年4月~2016年2月専務理事。役員としてコンプライアンス、人事、総務、関連事業、コンテンツの2次展開・海外展開、広報等を担当し、2016年2月退任。2017年より事業構想大学院大学 副学長。

社会情報大学院大学は、2017年4月に誕生したばかりのいわば新参者の大学院ですが、今、高田馬場にある校舎には、広報や情報のプロフェッショナルとなることを目指す院生たちが連日のように集い、講義やゼミ、さらに自主的に立ち上げた研究会などで熱い議論を繰り広げています。2019年4月には広報・情報学修士を授与された最初の修了生が誕生し、それぞれの持ち場に戻って本格的な活動を始めています。

高度情報化の急速な進展で、企業の広報、コミュニケーション活動は大きな転換を迫られています。本学は、そうしたニーズに応えて、社会の各分野との様々な接触を通じて、情報を的確に分析し、未来への展望を踏まえた経営戦略を立案、発信し、実行できる人材を育成していくことを目的としています。そのためには「情報の利活用」というソフトウェア系と情報の基盤形成というハードウェア系の知見が必要であり、本学は2年間で必要な知識を習得できるよう作成された密度の高い独自のカリキュラムを用意しています。

さらに多様なバックグラウンドをもつ院生が集う大学院は、未知の分野で活躍する人たちとの出会いのチャンスでもあります。様々なキャリアを持つ院生が切磋琢磨してともに成長していく、そうした充実した2年間が送れるよう私たちも全力でサポートしてまいります。