学長メッセージ

背景

情報を分析し戦略を立案、
発信し実行する人材を育成します。

学校法人 先端教育機構 社会情報大学院大学 学長 吉國浩二

学校法人 先端教育機構
社会情報大学院大学
学長 吉國 浩二

1975年東京大学経済学部経済学科卒業。1975年日本放送協会入局。報道局経済部長、横浜放送局長、理事を歴任し、2012年4月~2016年2月専務理事、役員としてコンプライアンス、人事、総務、関連事業、コンテンツの2次展開・海外展開、広報等を担当し、2016年退任。2017年4月~事業構想大学院大学副学長 (2019年3月退任)、法政大学監事。2019年4月~ 社会情報大学院大学学長、日本たばこ産業 (株)監査役。

社会情報大学院は、社会、経済の急激な変化への対応を迫られている社会人に、キャリアアップのための「学び直し」の場を提供する専門職大学院です。

 

世界は今、環境問題や格差の拡大など深刻な課題を抱え、このまま放置すれば、社会全体が立ち行かなるという危機に直面しており、課題を克服してサステナブルな社会を構築していくことが、喫緊の目標となっています。

危機の深化の背景には情報化やグローバル化の急速な進展によって社会が複雑、多様に変化し、コントロールが難しくなっていることがあります。それだけにこの状況に対応するためには、これまでに身に付けた知識だけでは足りず、働き手の側も常に「学び直し」によって、自己の専門性を磨いていくことが必要です。

 

本学は社会の一線で活躍している皆さんが、変化に立ち向かうための新たな知見を得られよう支援します。そのために本学では二つの研究科を設けました。

2017年に開設された「広報・情報研究科」は、社会の現状を的確に把握して組織の経営に反映させ、それを社会に打ち返してしていく、まさに経営の中枢となるコミュニケーション活動を探究します。

また今年開設されたばかりの「実務教育研究科」は、リカレントをはじめとした生涯教育のデザインを探究し、それを担う「実践知」のプロフェッショナルの育成をめざしています。

 

本学で得る知見は、自らの実践をここで学ぶ理論と結びつけて体系化していく、つまり自分自身で創り上げていくものです。皆さんの入学を心よりお待ちしています。