募集要項 - 日本初、広報・情報の専門大学院 社会情報大学院大学

入学案内 Admission

資料請求はこちら

1. 本大学院が求める人材像と入学試験の基本方針(アドミッション・ポリシー)

本学では、求める人材像と入学試験の基本方針を「アドミッション・ポリシー」として制定しております。

        

1. 求める人材像

社会情報大学院大学は、「本学の理念や広報・情報研究科の人材養成目標を理解し、意欲を持って主体的に勉学・研鑽に取り組み、高度専門職業人として産業社会、地域社会に貢献、さらに世界で活躍しようとする意志を持つ者」を歓迎します。
特にグローバルな視野と基礎知識を備えた院生を求めています。

具体的には、下記の人材を対象としています。

  1. 一般企業の広報、広告、企画部門などコミュニケーション領域の仕事に従事している若手、中堅社員。将来の情報担当役員(CIO、CCO)をめざして専門能力の向上に挑戦する者。
  2. PR会社、広告代理店など広報・情報領域を主たる業務とする企業社員、および専門能力の向上をめざすメディア系企業(マス・メディア・SNS系)の者。
  3. 官公庁、地方公共団体とその関連団体等で広報・広聴業務や企画に従事する公務員、ならびに地域活性化をめざす団体(NPOなど)職員、学校法人の広報担当者など。
  4. 広報・情報分野での専門性を磨き、就職や社会活動においてキャリアの向上をめざす者。

2. 入学試験の基本方針

社会情報大学院大学の入学試験は、下記の方針のもと実施されます。

  1. 社会課題を読み解き、その課題を解決する計画や戦略を論理的に論述できる思考能力を求めます。
  2. 卓越した発想に基づき、実現可能性に支えられた説得性のある課題設定や計画の立案を学ぶ素養を求めます。
  3. 論理的かつ建設的な議論を展開し、周囲の人々から共感を得ることのできるコミュニケーション能力を求めます。

社会情報大学院大学はこのようなアドミッション・ポリシーのもと、社会の一翼を担う人材として成長することのできる者を受け入れます。

2. 出願資格

入学時点において、以下のいずれかの要件を満たす方とします。

  1. 大学・大学院を卒業または2017年3月に卒業見込みの者。
  2. 大学評価・学位授与機構により学士の学位を授与された者。
  3. 外国において学校教育における16年の課程を修了した者。
  4. 文部科学大臣の指定した者。
  5. 本大学院において修士課程を受けるにふさわしい学力があると認めた者。(※)

    ⑤の資格で出願される方は、出願受付締切の1週間前までに本学指定の出願資格申請をしてください。出願資格申請のフォームはこちらよりダウンロードできます。

3. 募集人数

40名(年度合計)

入学時期は4月のみです。

4. 入学区分および試験について

入学試験は、「一般入学試験(一般入試)」、「企業・団体等推薦入学試験(推薦入試)」の2種類に分けて実施します。出願締め切りおよび試験日程は共通です。

  一般入試 企業・団体等推薦入試
一次選考 ① 入学願書 ② 研究企画書 ① 入学願書 ② 研究企画書 ③ 推薦書
二次選考 ① 基礎知識の試問 ② 面接試験 ① 基礎知識の試問 ② 面接試験

一次選考は書類選考です。提出いただいた書類にもとづき、選考を行います。

二次選考は、指定日時に社会情報大学院大学で実施いたします。所要時間は約50〜60分。

面接に先立って、簡単な広報・情報に関する基礎知識に答えていただきます。
特別の知識や技能を考査するものではありません。

5. 選考スケジュール

出願は、随時受付けます。
受付順に一次選考を実施し、通過した方は、下記の日程で、二次選考を実施いたします。

  出願受付 二次選考 合格発表 入学手続き期限
前期 〜1/23(月)まで受付分 1/28(土)〜29(日) 2/1(水) 2/10(金)
後期 〜3/6(月)まで受付分 3/11(土)〜12(日) 3/15(水) 3/24(金)

各回の合格人数枠の設定はありませんので、すべての選考日程が終了する前に、合格者が予定人数に達する可能性もあります。その場合は予定人数に達した時点で、出願受付は終了いたします。従いまして、必ずしも上記すべての回で選考を実施するとは限りませんので、ご注意ください。

二次選考につきましては、上記期間内で希望日時を承ります(特定の日時に集中した場合は調整させていただく場合があります)。また、上記日程で都合がつかない場合はご相談に応じます。

所属先(企業・団体等)からの推薦を受けて受験される方は、早期に入試を実施することがありますので、事務局にご相談下さい。

2017年度入学式は、4/5(水)の午後5時以降を予定しています。

6. 出願手続き

本学ホームページより出願手続きができます。下記の手順に従って出願してください。

1. Webエントリー

本学ホームページより、氏名、連絡先(メールアドレス、電話番号)、面接希望日時(面接日および時間帯を第2希望まで登録)を入力してください。面接希望時間帯は、Webエントリー先着順となります。

2. 出願書類の提出

出願に必要なフォームを本学ホームページよりダウンロードしてください。必要書類の作成・記入の上、本学ホームページよりアップロードしてください。

①入学願書 本学指定のフォーマットをこちらよりダウンロードしてください。

②研究企画書 本学で取り組む研究内容を下記のAまたはBのいずれかについて、ご自分のこれまでのキャリアと今後のキャリアプランを踏まえて、A4サイズ2〜3枚程度で簡潔にまとめてください。

A 大学院で取り組みたい研究テーマまたは、実務上の課題。
B 学びや仕事を通じて解決したい社会課題。

指定フォームはありませんので、Word、PowerPoint等で自由に作成してください。図表等を添付していただいても結構です。提出いただいた研究企画書をもとに選考いたします。

③推薦書 ※企業・団体等推薦を希望する場合のみ 本学指定のフォーマットをこちらよりダウンロードしてください。 < i> 法人代表者、人事部長等がご記入ください。 < ii> 企業等における社内派遣制度の使用、または企業等内での内部選考による合格者を推薦する場合は、その旨を記載してください。 < iii> 選考時に本研究科により推薦理由等について人事担当責任者に問い合わせを行う場合があります。 < iv> 個別審査により、推薦入試の出願資格に該当しないと判断した場合は、一般入試として取り扱うことといたします。

3. 出願料の納付

出願料(35,000円)をクレジットカード決済または口座振込により納付してください。

①クレジットカード決済の場合
本学ホームページより手続できます。

②口座振込の場合
振込先:三菱東京UFJ銀行 青山支店 普通預金 0130323
口座名義:学校法人日本教育研究団 ガク)ニホンキョウイクケンキュウダン

金融機関によっては、旧法人名「東教育研究団」と表記される場合がありますが、問題ありません。

一旦、納入された出願料は、いかなる理由でも返還いたしません。

出願受付締切日が金融機関の定休日である場合は、翌営業日までに入金が確認されれば有効です。

以上で出願手続きは完了ですが、期限までに上記(1)~(3)のすべての手続きが完了していない場合や書類に不備がある場合は、受理されません。出願手続き完了が確認できましたら、メールにて完了確認メールを送ります。なお、面接選考当日に下記書類を持参いただきますので、お早めにご準備ください。

最終学歴の卒業証明書及び成績証明書(各1通)、又は卒業・成績証明書 1通

原本をご用意いただきます(コピー不可)。

大学中退の場合は、大学の成績証明書を取得してください。

高等学校等が最終学歴の方は、卒業後一定期間(20年程度)経過されている場合、成績証明書が発行されない場合があります。その際は卒業証明書のみで構いません。

ご出身校のホームページ等で証明書の取得方法、取得に要する時間をお早めにご確認ください。郵送で1~2週間ほど要する場合があります。

7. 学費

入学金 20万円
授業料 年額140万円

※授業で使用する図書、参考資料等の購入費用、学外への見学・視察時の交通費等は含まれません。
※入学式・修了式等での懇親会費、記念品代等の諸費用は入学後に別途、実費を徴収します。

8. 日本学生支援機構奨学金・教育ローン・学費支援制度について

国の奨学金や提携金融機関の教育ローン、本学独自の学費支援制度があります。

独立行政法人日本学生支援機構(旧日本育英会)奨学金

日本学生支援機構の奨学金をご利用いただけます。詳細は日本学生支援機構ホームページをご覧ください。  年収による制限があります。

教育ローン

提携先の金融機関にて、教育ローン(金利優遇)がご利用いただけます。ご希望にあわせて、最長10年間までの返済期間を自由に設定できます。詳細は本大学院までお問い合わせください。制約が少ないため、比較的多くの方がご利用できます。
提携金融機関:セディナ、オリコ

国の教育ローン

「日本政策金融公庫(国民生活事業)」の、教育資金を必要とする方向けの公的な教育ローンです。詳細は日本政策金融公庫ホームページをご覧ください。年収による制限があります。

学費支援制度

在学中の提携教育ローンの金利負担分を本大学院が支援する制度があります。希望者全員に適用されます。詳細は本大学院までお問い合わせください。

その他

地方自治体独自の支援制度も活用できます(在住地等により利用条件があります)。

9. 学位および修了要件

学位

広報・情報学修士(専門職)
※英文学位名称:Master of Information & Communication Studies, MICS

修了要件

(1)修士課程の修業年限は2年となります。
(2)修士課程を修了するためには、前項に定めた年数以上を在学し、所要科目を履修して32単位以上を修得し、必要な演習(指導)を受け、かつ、修了認定の審査に合格しなければなりません。

個人情報の取扱いについて

本大学院が出願内容を通じて取得する個人情報は、①入学者選抜 ②合格者発表 ③入学手続き ④入学者選抜方法等における調査・研究 ⑤本大学院からのお知らせ ⑥これらの付随する業務を行うために利用します。

入試に関するお問い合わせ

社会情報大学院大学 事務局入試担当
〒169-8518 東京都新宿区高田馬場1-25-30
TEL: 03-3207-0005
Email: admissions@mics.ac.jp
URL: https://www.mics.ac.jp/