人財育成 Cultivation

資料請求はこちら

「知のプロフェッショナル」への道

社会情報大学院大学は、「『高度情報化社会』における産業社会の振興、地域社会の活性化を推進する広い視野と優れた戦略立案力をもち、広報・情報の高度な利活用を行なう能力をもって、価値の創造に取り組む人材を育成し、社会の調和と発展に貢献する」という教育理念を掲げています。この理念を実現するため、広報・情報研究科においては、以下のような知識と能力を備える教育をおこないます。

Analysis

課題を発見する
分析力

理論と実践、両輪の学びから取り組むのは、まず多様な情報を分析し新たな課題を発見することです。仕事でも、社会生活でも課題を発見し、そのソリューションを考えるのが思考の鍛錬です。既存の課題に流されず、新たな課題の発見こそ、広報・情報の世界観を生み出す原動力です。その情報分析力を身につけましょう。
Backcasting

未来からの思考力

5年後、10年後の素晴らしい未来を描きましょう。その未来が出発点です。そこから現在に立ち返って課題を見つめましょう。そこに新鮮な気づきとアイデアをもたらすのは、深い思考力です。考え抜くことで学びの醍醐味にふれ、知的な自信が湧いてきます。未来の最高の自分との出会いが発想を支えます。
Creative

卓越した創造力

メディアに、ネットワークにどんなメッセージを送りますか。価値ある情報は考え抜かれた創造力から生まれます。企業や組織の明日の姿を描き、そこに至る持続可能な戦略を立てましょう。戦略とは経営資源の組み合わせとその推進方策で目的を達成することです。その成否は情報と広報の創造力が左右するのです。