学監・研究科長

川山 竜二 Ryuji Kawayama

研究分野:社会理論 / 知識社会学

略歴

筑波大学大学院人文社会科学研究科にて社会学を専攻。専門学校から予備校まで様々な現場にて教鞭を執る実績をもつ。現在は、「社会動向と知の関係性」から専門職大学実務家教員養成の制度設計に関する研究と助言も多数おこなっている。海洋開発研究機構普及広報外部有識者委員。また、教育事業に関する新規事業開発に対するアドバイザリーも行う。そのほか、研究施設等の広報活動について科学コミュニケーションの観点からアドバイスを行う。学校法人先端教育機構 学監、先端教育研究所 研究所長。詳細の業績については、こちらを参照

メッセージ

『社会はコミュニケーションでできている。』これはドイツの社会理論家のニクラス・ルーマンの考え方です。つまり、コミュニケーションを分析すれば社会のありようがわかります。広報では、情報の発信の仕方はもちろん、どのような情報を発信すればよいのかを冷静に分析することも必要になります。実務の課題を一度冷静に一緒に考えていきましよう。