教授

柴山 慎一 Shinichi Shibayama

研究分野:IR / インターナル・コミュニケーション

略歴

シダックス(株)取締役総合研究所・マーケティング本部長兼経営改革推進室長(現職)。日本電気(株)で主に財務部門に10年、(株)野村総合研究所で証券アナリスト7年、経営コンサルタント8年。経営コンサルティング部長、コンサルティング事業本部長、広報部長、総務部長、NRIデータアイテック(株)代表取締役社長、NRIみらい(株)代表取締役社長。日本広報学会理事長(現職)。慶応義塾大学大学院経営管理研究科修了(MBA)。主著に『コーポレートコミュニケーション経営』(単著、2011年、東洋経済新報社)、『インターナル・コミュニケーション経営』(共著、2019年、経団連出版)。

メッセージ

会社とは、「何をやっているのか」も大切ですが、「何をやっていると見られているか」はもっと大切です。言い換えると、ビジネスモデルも大切ですが、コミュニケーションモデルはもっと大切、ということです。さらに大切なのは、「何をやってほしいと期待されているか」ではないでしょうか。顧客から、株主から、社会から、そして従業員から期待されていることに応えようとする自律的な成長志向の力を持っているのが優れた会社であり、優れた組織体です。そんな会社、そんな組織をどうしたら創り上げることができるのか、一緒に議論できればと思います。