教育 Education

資料請求はこちら

教授

榎並 利博 Toshihiro Enami

研究分野:地域活性化 / 自治体

略歴

富士通総研経済研究所主席研究員。富士通株式会社入社、自治体向け情報システムの開発に従事する。株式会社富士通総研へ出向。新潟大学・中央大学・法政大学の各非常勤講師、早稲田大学客員研究員を兼務。主に電子政府・電子自治体、地域活性化分野を中心に研究活動を行う。マイナンバーおよび電子政府・電子自治体、地域活性化および地域情報化の著書・論文等多数。東京大学文学部卒。

メッセージ

現代社会を情報の観点から捉え、IT技術を活用して社会的課題を解決し、社会そして国そのものを変えていこうという意欲ある学生が集まってくることを期待しています。「地域活性化と情報」については地方創生が喫緊の課題であり、また「電子政府・電子自治体」については技術と法律に関する問題が多数発生しています。これらの課題にいかに取組んでいくべきか、豊富な実践・実務経験や事例を題材としながら、皆さん方と一緒に議論したいと考えています。