経営戦略を担う 広報・情報の修士号

※開催終了しました。

セミナー 2020年2月24日(月・祝)

【開催延期】セミナー「『マーケティングの死』の本質〜顧客体験と価値共創〜」を開催します。

本セミナーは、新型コロナウイルスの感染拡大にともない、延期となりました。
お申し込みいただいていた皆様には、日程が決まり次第、改めてご連絡をさせていただきます。
 
情報社会が成熟するなかで、「モノを売ること」に特化した従来型のマーケティングは限界を迎えています。
現代のマーケティングは、単に「商品の価値を伝える」だけの一方通行のコミュニケーションから脱却し、顧客との間に「インタラクション」を構築する必要があります。こうした関係性は、どのような条件のもとで実現されるのでしょうか。どうすれば顧客とともに価値を「共創」できるのでしょうか。
新時代のマーケティングのあり方について、社会情報大学院大学 広報・情報研究科 特任教授の高広伯彦氏が解説します。

開催概要

日時:2020年2月24日(月・祝)13:30~15:30

費用:無料(事前登録制)

会場:社会情報大学院大学(アクセスはこちら

    東京メトロ 東西線 高田馬場駅 7番出口 徒歩1分

    JR山手線・西武新宿線 高田馬場駅 早稲田口 徒歩3分

定員:50名 ※ 応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。

登壇者

高広 伯彦(たかひろ のりひこ)

社会情報大学院大学 広報・情報研究科 特任教授 マーケティング戦略

 

株式会社博報堂入社後、株式会社博報堂DYメディアパートナーズを経て、株式会社電通に入社。その後、グーグル株式会社 広告営業企画チームのシニアマネジャーとして、広告プロダクトのマーケティング、YouTubeの広告ビジネスの日本導入をはじめとする広告事業開発に携わる。

2009年 「スケダチ」として独立。広告ビジネス開発領域のコンサルティングや、各種マーケティングコミュニケーションの企画やコンサルティングを行う。

プログラム

  • 13:30~14:00 広報・情報研究科のご紹介(橋本純次 助教)
  • 14:00~15:20 『マーケティングの死』の本質〜顧客体験と価値共創〜(高広伯彦 特任教授)
  • 15:20~15:30 質疑応答
※15:30以降ご希望の方には個別相談も承ります。
※プログラムは予定無く変更になる場合があります。

募集は締め切りました