経営戦略を担う 広報・情報の修士号

※開催終了しました。

セミナー 2020年3月6日(金)

【開催中止】京都から未来へ 次世代人材育成と教育を考える
―教育・広報・新事業の観点から検討する-

新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、ご出席の皆様の健康・安全面を第一に考慮しました結果、本セミナーは中止とさせていただきます。今後時期を改めて開催する予定です。

 

訪日客を中心に観光都市として国内トップクラスを誇る京都。観光客は継続的に訪れる地域において、観光客と地域住民の共生や、旅行消費金額の拡大などがこれからのテーマにもなっています。訪日客をはじめ、観光客に対してこれから取るべき広報のあり方や、ブランド構築の方向性の検討は重要性をましています。また、全国に先駆けて小学校が設立された歴史などから教育の都市としても名高い地。大学をはじめとした教育機関は、100年時代を迎え、地域において新たな役割も求められています。SDGs先進度調査で京都市が1位になるなど、持続可能な都市「京都」から、未来社会のあり方について「教育」「事業」「広報」の観点から検討します。

プログラム

第1部:教育のあり方から考えるこれからの社会 ―Society5.0に向けて取り組むべきこと―
第2部:京都の活性化に向けた事業構想の考え方
第3部:目指すべき未来と広報のあり方
第4部:持続可能な社会・地域に向けた可能性
質疑・情報交換

概要

日時:2020年3月6日(金)13:30~16:30(13:00開場)
会場:COCON KARASUMA

京都市下京区烏丸通四条下ル水銀屋町620番地 4階シティラボ会議室

受講対象:

広報・情報研究科に関心を持つ、広報担当者(観光行政における広報・学校広報等)を中心に、事業経営・承継予定者など、学校法人の実践研究に関心を持つ層を主な対象といたします。
1.観光・インバウンドに関わる事業者・行政
2.経営者・経営層・経営承継予定者
3.学校法人で広報・教学を行う者
4.地方自治体職員で地域活性・広報を担当する者

定員:40名(応募者多数の場合は抽選になります)
費用:無料(事前登録制)
申込締切:2月28日(金)
主催:学校法人先端教育機構