経営戦略を担う 広報・情報の修士号

※開催終了しました。

イベント 2020年8月2日(日)

【8/2(日)・オンライン公開講座】「経営と広報 ~理念浸透のためのコマツの取り組み~」を開催します。

このたび本学では、オンライン公開講座を開催いたします。今回のテーマは、「経営と広報」です。

小松製作所 取締役常務執行役員の浦野邦子氏にゲスト講師としてご登壇いただき、同社が進める行動指針「コマツウェイ」の社内外認知のために行ってこられた施策を一つのケースとして、『経営と広報の一体化』の重要性について、参加者とも意見交換を行える機会になればと考えております。

 

小松製作所は1921年創業の建設・鉱山機械、産業機械メーカーです。現在日本に14社、海外に201社の子会社を保有しています(2019年12月当時)。社員6万人のうち約68%が外国籍、売上も約8割以上が日本以外の地域が占めるなど、グローバル化が進んでいます。90年代後半ごろからは地域ごとにトップを置き、経営の現地化を進め、経営をそれぞれの地域ごとで進めていくにあたり、グループ従業員間の判断基準や行動指針の共有が重要となりました。そこで、同社では2006年に社員が永続的に継承すべき価値観と行動様式を「コマツウェイ」として明文化しました。19年にまとめた統合報告書の根幹にあるのも、この「コマツウェイ」。長期的な目で、事業を持続的に成長させていくためにも、社内での認知、実行を徹底させるべく努力を重ねてこられています。

 

新型コロナウイルスの感染拡大のような大きな環境変化に見舞われても、レジリエンスを保つために、広報の果たすべき役割は何か。経営者をはじめ、事業部門のマネージャー、あるいは企業内でのインターナルコミュニケーションなど広報活動を担う方々に、ご参加をいただき、新たな知見を共有していきたいと思います。

 

当日は、チャット機能を通じてお気軽にご発言やご質問もいただけますので、この機会にぜひご参加ください。

日程

開催概要

日時:2020年8月2日(日)14:00~16:00

費用:無料(事前予約制)

定員:100名

 

※7月31日(金)18時までにエントリーされた方には、8月1日(土)中にアクセスの方法をメールにてご案内いたします。

プログラム

14:00~15:00 経営と広報 ~理念浸透のためのコマツの取り組み~

15:00~15:30 質疑応答

15:30~16:00 本学の包括連携のご紹介

ゲスト講師

浦野 邦子氏
小松製作所 取締役 常務執行役員(安全・健康管理、広報、CSR管掌)

1956年生まれ。東京都出身。1979年3月に東京外語大学外国語学部ドイツ語学科を卒業後、4月より小松製作所に入社。
79年人事部教育担当課、94年生産本部生産管理部主査、99年生産本部大阪工場管理部担当部長、05年生産本部物流企画部長、10年コーポレートコミュニケーション部長、11年執行役員、14年人事部長、17年常務執行役員を経て、18年6月より取締役 常務執行役員に就任。

モデレーター

橋本純次(はしもと じゅんじ)

社会情報大学院大学 広報・情報研究科 専任講師

東北大学 大学院情報科学研究科修了。博士(学術)。社会情報大学院大学助教を経て、2020年度より現職。専門はメディア文化論と公共政策。主な研究領域として、放送政策、民放地方テレビ局、オーディエンス研究など。