経営戦略を担う 広報・情報の修士号

※開催終了しました。

セミナー 2020年8月8日(土)

【8/8(土)・オンライン体験授業】「組織論~組織を変える新型コミュニケーション戦略~」を開催します。

本学の広報・情報研究科への出願をご検討されている方を対象に、オンライン体験授業を開催いたします。

 

Microsoft Teamsを使いリアルタイムでご参加をいただきます。

 

====「組織論」(シラバスより)====
本授業の目的は、組織というものの構成要素や構造的課題を理解することで、理念による経営を推進する広報担当者として「組織は誰のものなのか」「理念実現のためにどのような組織が必要なのか」、そして、「社内外のステークホルダーとともに組織を変えるには、どうするのか」といった問いに応えることにある。
広報は、社内情報を社外に広く発信するだけが職務の本質ではない。社内外のステークホルダーとの双方向で創発的な関係性を構築し、新たな組織のあり方を模索する「コミュニケーション・デザイナー」としての役割を担うことができる。組織というものの本質やジレンマを理解することで、ステークホルダーとのコミュニケーションを経営の意思決定に利活用でき、組織の社会適応性を高める機能を効果的に発揮できると考える。なお、本授業で扱う組織は、営利企業を主たる対象とする。ただし、組織の本質を理解するために、敢えて非営利組織や行政機構との共通点や相違点を確認しながら討議する計画である。
本授業の到達目標は、履修者が組織を分析する基本的な視点を獲得するとともに、現代社会において組織をデザインする際に重視すべき点について、自らの考えを述べることができるようになることにある。
====

ぜひこの機会に、本学のことをより多面的にご理解ください。

開催概要

日時:2020年8月8日(土)14:00~16:00

費用:無料(事前予約制)

定員:20名 ※定員を大幅に超える場合は、抽選とさせていただくこともございます。

※8月5日(水)18時までにエントリーされた方には、8月6日(木)中にアクセスの方法をメールにてご案内いたします。

担当教員

坂本 文武(さかもと ふみたけ)

社会情報大学院大学 広報・情報研究科 教授

専門分野:
社会志向性組織等(NPOやCSR)のマネジメントとコミュニケーション戦略
主な担当科目:
組織とガバナンス/ソーシャル・コミュニケーション/社会情報演習など

1997年:早稲田大学 社会科学部卒業
1999年:Mandel Canter for Nonprofit Organizations, Case Western Reserve University修了(修士(非営利経営学))
2000年:日米それぞれ2年間のNPO経営とCSRコンサルティング会社を経て同業務で独立
2003年:PR会社ウィタンアソシエイツ株式会社でコンサルタントを7年間兼務
2010年:立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科特任准教授を5年間兼務
2013年:一般社団法人Medical Studio代表理事(現在、事務局長)
2017年:社会情報大学院大学 教授(現在に至る)