イベント 説明会 未定

【10月開講】リカレント教育プログラム「ゼロから学ぶ広報・PR実務」

社会情報大学院大学リカレント教育プログラム
「ゼロから学ぶ広報・PR実務」

背景

「ゼロから学ぶ広報・PR実務」

「Society 5.0」とよばれる高度に複雑化した現代社会において、組織と社会をつなぐ「広報部門」の役割はますます高まっています。そして、そうした社会においては、広告宣伝やメディア対応にとどまらず、多様なステークホルダー(利害関係者)との関係を構築することこそが広報担当者の役割といえます。

 

「社会情報大学院大学リカレント教育プログラム:ゼロから学ぶ広報・PR実務」の目的は、受講者のみなさまがあらゆる業界において「広報担当者」としての業務を遂行するために必要な能力を、理論と実務の双方の視点から提供することにあります。

本プログラムを通じて、未経験者の就職を支援することに加え、経験の浅い現職広報担当者に対しても基礎的・体系的な学びの場を提供することで、キャリアアップを促進します。

 

【プログラム設置の背景】
新型コロナウイルス感染症の拡大により、非正規雇用労働者・失業者数が増加しています。また、一度就職したものの、数年以内に転職活動を行う若者の数も増えています。

この課題を解決すべく、文部科学省が全国の大学等を中心に労働局・ハローワークや企業等と連携する即効性の高いリカレント教育プログラムの公募を行いました。本プログラムは、同公募に採択された「Society 5.0の実現に向けた広報担当者養成事業」の一環として開講されます。

概要・受講詳細・カリキュラム

概要

広報担当者を育成することを目的とした短期集中プログラムです。授業および実習を通じて、
広報・PRの基礎知識や基礎技術をはじめ、情報社会やSNS広報といった最新の場面における
実際の業務にも役立つスキルを提供することで、受講者のキャリアアップを応援します。

受講期間・受講方法・受講料

受講期間:2021年10月〜2022年3月(毎週金曜日・18:30〜21:40)
受講方法:原則オンライン(一部対面+オンライン)
受講料 :無料

カリキュラム

授業名 内容
受講前 ガイダンス(1時間) 本プログラムの趣旨や目的、学び方について説明します。インターンや合同就職説明会への参加方法についても説明します。
第1週

第4週
広報・PRの基礎理論Ⅰ・Ⅱ
コミュニケーションの基礎理論
マーケティングの基礎理論
広報関連法規
座学を中心に、広報分野のあらゆる視点に関する基礎的知識を網羅的に学びます。
これからの時代の広報に対する需要といった、「PR/広義の広報」の意義についてもここで学びます。
第5週 広報のキャリアと実務Ⅰ・Ⅱ
(B to B企業、B to C企業)
B to B企業、B to C企業における広報への向き合い方や日々の業務の流れについて学びます。
第6週

第10週
情報収集の技法Ⅰ・Ⅱ
ライティング・エディティング基礎Ⅰ・Ⅱ
ライティング・エディティング実習Ⅰ・Ⅱ
プレゼンテーション技法Ⅰ・Ⅱ
プレゼンテーション実習Ⅰ・Ⅱ
広報担当として必要な情報のインプットおよびアウトプットの技法について学びます。
第11週 広報のキャリアと実務Ⅲ・
(行政、NPO)
自治体や非営利組織における広報への向き合い方や日々の業務の流れについて学びます。
第12週

第18週
IC(組織内広報)の基礎・実務
IR(投資家向け広報)の基礎・実務
CSR/SDGs広報の基礎・実務
危機管理広報の基礎・実務
マーケティングの実務
ブランディングの実務
メディアリレーションズの基礎・実務
SNS広報の基礎・実務
2講ずつ行う授業のうち、前半を座学・後半をワークショップ形式の実習とし、学んだ知識を実際の業務に応用するプロセスを繰り返し経験するなかで、広報担当者として勤務する際に役立つ知識とテクニックを総合的に身につけます。
第19週 広報のキャリアと実務Ⅴ・Ⅵ
(スタートアップ、グローバル)
スタートアップ企業やグローバル企業における広報への向き合い方や日々の業務の流れについて学びます。
第20週 広報現場実習 プロジェクト参画企業等において現場実習を行います。

説明会

説明会日程

説明会

8月4日(水)12:15-12:45

8月7日(土)13:00-13:30

8月19日(木)18:30-19:00

8月24日(火)12:15-12:45

8月30日(月)18:30-19:00

※説明会はMicrosoft Teamsを用いて、原則オンラインで行います。

申込〆切

1次: 8月 5日(木)

2次: 8月19日(木)

3次: 9月 2日(木)

4次: 9月16日(木)

説明会申込