セミナー 説明会 2021.10.17(日)

10月17日(日)オンラインセミナー&説明会
「マーケティングの 「基本中の基本」~消費者をどう理解し、アプローチすればよいか?」を開催

マーケティング界の重鎮コトラー教授は「人々を納得させる代表的方法には、①知的な議論に巻き込む方法、②感動的なストーリーを創る方法の二種類があるが、②の方が効果的」と述べています。また多くのビジネス書でも同様の指摘はよくされています。でも、それは何故なのでしょうか?
それはドラッカーが説くように「消費者が本当に買いたいのは価値や満足」であり、その価値・満足を期待させる手段として物語が極めて有効に機能するからです。
さて、「マーケティングとは何か?」へのシンプルな答えは難しいのですが、私は「企業が意図する方向に、消費者の心理を変化させること」すべてがマーケティングの領域だと捉えて、そのための理論と20年超の電通勤務で得た実践ノウハウを余すところなく受講生に伝えたいと考えていますが、今回の講義がその予告編になれば幸いです。

開催概要

    • 日時:2021年10月17日(日)11:00~12:30

 ※アーカイブ配信は行いません。

  • 費用:無料(事前予約制)
  • 場所:オンライン
四元正弘教授

講師:四元 正弘(よつもと まさひろ)

広報・情報研究科 教授

  • 1984年:東京大学工学部 卒業
  • 1984年:サントリー㈱・生産技術研究所
  • 1987年:㈱電通総研
  • 2002年:筑波大学 図書館情報専門学群 客員准教授(~2013)
  • 2003年:㈱電通・消費者研究センター
  • 2013年:電通を退職し、個人事務所を開設
  • 2013年:公益財団法人21あおもり産業総合支援センター・地域連携コーディネーター(~2018)
  • 2019年:社会情報大学院大学 広報・情報研究科 教授(現在に至る)
  • 2020年:大阪大学 特任教授