【設置認可申請中】 2020年4月 新研究科 開設 先端教育研究科 先端教育専攻(仮称)

2020年度、社会情報大学院大学は新たな知のフロンティアとして「先端教育研究科(仮称)」を開設予定です。日々進化する最先端の実践知を学びに還元することのできる実務家教員、激動の時代に求められる新しい教育の形を生み出す教育産業や人材育成のパイオニアなど、時代と社会を的確に読み解き、学びの形を変えていく人材の育成を目指しています。

先端教育研究科は
公教育・私教育問わず
教育の変革に対し
意欲的な人々を募集します

■関心のある分野にあわせた3つの学修モデルと養成する人材像

先端教育研究科では3つの領域での学びを用意しています。
知識デザイン領域では実践知の体系化と専門職教育の在り方を、教育デザイン領域では社会ニーズに対応した教育コンテンツや指導法の立案を、教育マネジメント領域ではマクロ的な次世代教育の創造を学びます。

実践と知識の架橋が叫ばれる昨今、優れた実践知を体系化し学術の場に還元する研究能力とその知を伝えるため教育に関する確かな知識を持った実務家教員の必要性が増しています。知識デザイン領域を履修した学生は優れた実務家教員として活躍することが期待されます。
また、グローバル化やICT技術の発展などを受けて激変する社会では、語学教育の変化やSTEM教育の必要性、「生きる力」を育む教育への転換など、新たな教育ビジネスに繋がる萌芽が次々と誕生しています。教育デザイン領域では、社会ニーズを読み解き教育産業に新たなコンテンツを生み出す人を育てます。
教育マネジメント領域ではよりマクロな視点で教育を俯瞰し、これからの社会で必要とされる人材育成のため、これからの教育の在り方を提言しマネジメントできる人材をめざします。

想定されるキャリアプラン

●実務家教員(大学・専門職大学・短期大学・専修学校)としての活躍
●塾・予備校など教育事業における新しいプログラム考案
●教育系出版社  ●人材育成会社  
●民間企業(人事担当)
●公私教育の学校マネジメント
●教育産業への新規参入 など

通いやすい立地と研究環境

本大学院は地下鉄高田馬場駅から徒歩1分、JR・西武高田馬場駅から徒歩3分という通いやすい立地にあります。
講義は平日夜と土曜日に行いますので、既存の広報・情報研究科においても、平日昼間働いて夜大学院に通っている院生が多数いらっしゃいます。隔週、90分×2コマでの開講のため、土曜日を中心にカリキュラムを組んで、週2~3日大学院に通う方が多いです。また、すべての講義を録画しており、データは翌日には履修生に共有しますので、欠席しても講義内容を確認できるようになっています。

社会情報大学院大学
先端教育研究科 概要

設置者 学校法人 先端教育機構 理事長 東英弥
研究科等 先端教育研究科 先端教育専攻
学位 先端教育学修士(専門職)
修業年限 2年間
授業日 平日夜間、土曜日
修了要件 32単位以上履修ならびに教育デザイン計画書の作成(要審査合格)
入学定員 30名(収容定員60名)
出願資格 大学卒業または実務経験者(※ご相談ください)
入学選考 書類審査・面接選考
入学時期 2020年4月
学費 入学金10万円、学費110万円
・提携教育ローン、学費支援制度
・日本学生支援機構奨学金制度
所在地 東京都新宿区高田馬場1-25-30

※設置認可申請中につき上記内容は予定であり、変更の可能性があります。