事業が拡大している今だからこそ、創業時の志を伝え続ける

大和ハウス工業 代表取締役社長 大野直竹氏


戸建住宅にとどまらず、商業施設や物流センターの建設から海外展開まで積極的な事業展開を続ける大和ハウス工業。一体感のあるグループ経営に注力する大野直竹社長にその考えと取り組みについて聞いた。


大和ハウス工業 代表取締役社長
大野直竹(おおの・なおたけ)氏
1948年生まれ。愛知県出身。慶應義塾大学法学部卒業後、71年大和ハウス工業入社。新潟支店長、横浜支店長などを経て、2000年取締役。常務、専務、副社長を経て、2011年4月から現職。

[聞き手]
社会情報大学院大学 学長 上野 征洋(うえの・ゆきひろ)

日本広報学会副会長、静岡文化芸術大学名誉教授。2012年、事業構想大学院大学副学長を経て現職。内閣府、国土交通省、農林水産省などの委員を歴任。早稲田大学卒、東京大学新聞研究所(現・大学院情報学環・学際情報学府教育部)修了。

「建てた後」こそ大切


上野:事業の多角化や海外展開を積極的に進める「大和ハウス」の躍進ぶりが話題です。現在の事業領域を見ると、すでに「戸建住宅メーカー」の枠に収まらない飛躍ぶりですね。

大野:私自身も最近、当社の経営や事業展開について、注目度が高まっているように感じます。

ご指摘の通り、連結売上高に占める戸建住宅事業の比率は11%程度にとどまっています。これは戸建住宅事業が減ったのではなく、その周辺領域まで責任を持ってサービスを提供すべく事業を進めてきた結果です。私たちは「人・街・暮らしの価値共創グループ」として、商業店舗や物流施設などの建設もかなり前から手がけてきました。こうした姿勢は、創業者の石橋信夫の考えをもとに脈々と受け継がれてきたものです。

上野:ある新聞の記事で、大野社長が「戸建ての心を大切にしていく。それは生活している人たちの夢であり、暮らしのあり方だ」と話されているのを読んで感銘を受けました。今の話はまさにそれを実践したものですね。

大野:そのことはとても大事にしています。例えば商業施設を建てる場合、建物が完成して引き渡したら終わりではありません。重要なのはむしろ、そこから先です。

商業施設を建てた後は、その建物の運営や管理をお手伝いしていく。そして施設を利用するお客さまに満足していただき、地主様にはその施設を通して地域貢献をしていただく。そこまで責任を持つことが大事なのです。「大和ハウスで建てたら、後々までちゃんと面倒を見てくれる」と言っていただけることが理想です。

信頼は後からついてくる


上野:社長が若手社員のころに比べると、貴社の存在感もだいぶ変わってきたのではないでしょうか。

大野:企業規模はかなり拡大しました。一方で変わらない、変わってはいけないのは、「世の中の役に立つものを創る」という創業者の理念です。当社がクローズアップされている今は、失敗できないというプレッシャーもあります。

とはいえ、私自身も数多くの失敗を経験してきました。静岡で、ある商業施設を担当していた時のことです。地主様と一緒に様々な課題を3年がかりで解決して、ようやくテナントが決まり、事業の採算計画を出すところまでこぎつけたのですが、テナント企業の業績悪化で急きょ出店が取りやめになってしまったのです。

地主様に報告に伺い、顛末を正直にお話ししてお詫びしました。「今回の話は実現しませんでしたが、超一等地であることは疑いのないことなので、他社に声をかければすぐにテナントが入るはずです」と。すると地主様が、「3年間一緒に苦労してきたのだから、他のテナントをお前のところで見つけてこい。それまで待ってるから」と言ってくださった。とても嬉しい言葉でした。

上野:それは失敗談ではなく、成功談ですよ。

大野:当時は成功なんて言えるような心境ではありませんでした。状況を洗いざらいお話しして、相手のことを考えた提案をすれば、信頼や信用というものがついてくるのだなと実感しました。

上野:「変わってはいけないこと」とは、まさにこういうことですね。

大野:創業時の志をどのように後世に引き継いでいくか。そのことは、ますます大切になるでしょう。創業者から直接薫陶を受けた人材は少なくなっていきますから。

上野創業者の哲学や理念というものは、経営者のリーダーシップによって社員に引き継がれていくものだと思います。社長に就任されてからの6年間の業容拡大による大躍進ぶりを見ていると、大野社長の懐の深さが原動力になっていると感じます。

大野:そう言っていただけるのは有難いですが、まだ道半ばですね。

グループの一体化に注力


上野:2005年に大和ハウスグループのブランドスローガン「共に創る。共に生きる。」を打ち出されました。時代に合った形で理念を浸透させていくことは重要な経営課題だと思います。

大野:2005年に創業50周年を迎えた際、グループ統一のシンボルマークを新たに策定しました。ブランドスローガンはその流れで作成したものです。

昔の話ですが、「大和ハウスの幹部は威張っている」というグループ会社の人たちの不満の声が耳に入ってきたことがありました。一緒に仕事をしていく仲間同士で、あってはならないことです。

当社では、グループ会社も集まる大規模な会議を年に数回開催し、そこで大和ハウスグループがどんな方向性を志向しているのかを伝えています。私が社長になってからは、膨大な人数になりますが、各社の社長だけでなくその下の幹部クラスも会議後の懇親会に参加させ交流を深めるようにしました。もう6年続けていますが、意見を自由に言える空気ができてきました。最近はいろんな相談も、電話1本でスムーズに運びます。


全国支店長会議で訓示を行う大野社長(2017年3月)。幹部との情報共有や交流も経営の重要なテーマのひとつ。

上野:まさに「共に創る。共に生きる。」を実践しているわけですね。

大野:M&Aによってグループの仲間は増え続けています。もっとも当社の場合、買収した企業に常勤の役員を送り込むようなことは原則としてありません。2013年には建設会社のフジタが大和ハウスグループの一員になりましたが、当時の上田(卓司)社長に申し上げたのは「すべてお任せするので伸び伸びやってください。そして社員の給料を上げてほしい。困った時には助けますから」ということ。

その後、上田社長が会長の樋口(武男氏)に挨拶に行ったところ、なんと私とまったく同じことを言ったそうです。

上野:それは興味深いですね。最近では、どの企業も、グループ会社の社員も含めて価値観を共有することが肝要だと考えています。大和ハウスはそれが自然体で実践されているように見えます。

大野:もちろん経営の力だけではありません。人事や広報や総務などがいろんな施策を行ってくれているおかげです。例えば人事は、将来の経営幹部を育成する「大和ハウス塾」や、全グループの女性管理職を集めたフォーラムなども実施しています。

上野:従業員の意欲が高まりそうな、目配りの効いた経営をされていますね。特に、トップが顔を見せて、社員と直接語ることは非常に重要なことだと思います。

これからの大和ハウスについてお伺いします。創業者は売上高10兆円を掲げていたとも聞いています。私はあと数年で5兆円という数字が、大野社長のビジョンにあるのではないかと考えていますが、いかがでしょうか*。

*2017年3月期の連結売上高は、3兆5129億円。

大野:10兆円というのは、創業者の石橋が亡くなる1年前に、病床で語っていた「夢」です。しかし、社員には一歩一歩、地に足をつけていこうと話しています。あまりにも目標が大きいと、大きな仕事ばかりを狙うようになるかもしれないからです。

上野:千里の彼方を目指すには、一歩ずつ歩いていくことが大事だということですね。

最近ではアメリカや東南アジアなどの海外事業を展開されていますが、そのあたりのビジョンをお聞かせください。

大野:海外の投資家からよくこんなことを言われます。「日本は人口が減っているから、海外に出ていくのだろう」と。そうではありません。これまで海外の住宅を色々見てきました。もちろん学ぶべきところはたくさんありましたが、やっぱり日本の建物は優れているのです。細かいところまで気配りされています。そんな建物は海外にはありませんからね。素晴らしい「メイド・イン・ジャパン」を、世界に届けたい。世界でも、日本流でやりたいのです。

昨年、米国で戸建住宅事業を行うスタンレー・マーチン社を買収しましたが、海外の買収では、国内のようにすべて任せるのではなく、当社の人間を送り込みます。日本流を浸透させるには、その国で当社がつくったものに対して、現地のお客さまがどのような反応をするのか、当社の社員が直接見て勉強して、日本流をその国の中に同化させていかなければいけないからです。

他の国も同じ。一つひとつ大和ハウスの考え方を浸透させていきます。そして、日本流の良さを海外の人に知ってもらいたい。これこそが私の夢です。その夢に向かって、やれるところから一歩ずつ進んでいきます。


米シカゴに31階建ての高層賃貸住宅を建設し運営する「ノースクラーク・プロジェクト」の起工式(2015年6月)。海外展開にも注力する。

上野:話は変わりますが、読書や観劇が趣味で座右の書は『ローマ人の物語』(塩野七生著)と伺いました。これまでの話を伺って、本や演劇で得たことも経営に活かしているのではないかと感じたのですが、いかがでしょうか。

大野:小さいころから本や映画、芝居が好きで、もはや生活の一部です。歴史は繰り返すといいますが、『ローマ人の物語』に書かれていることは、日本でも世界でも繰り返し起きていること。だから何度読んでも面白いですよね。

上野:本書には、アテネのペリクレスとローマのユリウス・カエサルの話が出てきます。ペリクレスは優等生ですが、カエサルはギャンブラー。ご自身はどちらに近いですか。

大野:カエサルと言いたいけれど、とてもその域には達していません。カエサルは晩年から表舞台に出てきた人で、悪いこともしたけど、人間をよく知っていて、そこが魅力を感じるところですね。

上野:なるほど。カエサルのようにますますの統治力を発揮されますよう期待しております。