部下に言われて始めたSNSで世界が広がった

ライフネット生命保険 創業者 出口治明氏


「ネット生保」の市場をゼロから切り開き、今年経営の第一線から退いた出口治明氏。認知と信頼を得るために「やむなく」始めた情報発信は、今や大きなうねりとなって会社のブランドを下支えしている。


ライフネット生命保険 創業者
出口治明(でぐち・はるあき)氏
1948年三重県生まれ。京都大学法学部卒業後、72年、日本生命保険入社。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て退職。2006年、ネットライフ企画を設立し社長就任。08年4月、生命保険業免許取得とともにライフネット生命保険に商号変更。13年から会長。17年6月に退任。同年、企業広報賞(経済広報センター)「選考委員会特別賞」受賞。

[聞き手]
社会情報大学院大学 学長 上野 征洋(うえの・ゆきひろ)

日本広報学会副会長、静岡文化芸術大学名誉教授。2012年、事業構想大学院大学副学長を経て現職。内閣府、国土交通省、農林水産省などの委員を歴任。早稲田大学卒、東京大学新聞研究所(現・大学院情報学環・学際情報学府教育部)修了。

信頼を得ずして生き残れない


上野:今年度の「第33回企業広報賞」(経済広報センター)で、選考委員会特別賞に選ばれました。積極的な情報発信の賜物だと思います。日ごろから心がけていることはどんなことでしょうか。

出口:シンプルですが「正直に話す」ことです。聞かれたことは何でも、知っていることはすべて正直にお話しするようにしています。「保険料を半分にして、若い人たちが安心して赤ちゃんを産み育てられる社会を創りたい」という考えから、2006年にこの会社を立ち上げました。当初、「ネット証券やネット銀行が世界にあるので、ネット生保も先行モデルがあるはず。それを真似すればいい」と思っていたのですが、いくら調べても見つかりませんでした。

証券や銀行はクリックしたら取引が完結しますし、自動車保険は1年単位の契約なので気楽に買えます。でも生保は長期の買い物なので、信頼できない会社の商品を誰も買ってくれない、とその時気づいたのです。結局、会社の信頼をゼロから獲得していくところから始めることになりました。

その時ヒントをくださったのが、さわかみ投信の澤上篤人さんです。「僕のように本を書き『辻説法』を続けていけば、10年そこそこでブランドはできるはず」。ではやってみようと。出版社からオファーがあれば受けますし、10人集まったらどこへでも講演に行きます。ただそれだけのことで、極意なんてありません。

上野:「それだけ」とおっしゃるけど、なかなかできないことですよ。

出口:必要に迫られたからです。企業広報賞ではSNS活用も評価いただきました。僕が創業したのは還暦の時です。SNSなんて分かるはずがありません。始まりは、20代の部下から、今日からTwitterをやってくださいと言われたことです。「なんで」と聞いたら、「免許事業のトップは誰もやっていないから差別化になります」と。さらにこう言われました。「普段僕らに、人のやらないことをやれと言ってますよね。まさか有言不実行ではないでしょうね」と半ば脅されて始めたのです。

ところが、やってみたらけっこう面白い。これも部下のおかげです。澤上さんに言われたことと部下に言われたことを愚直に10年間やり続けてきただけです。

30代の幹部にバトンを渡す


上野:その謙虚さが人を惹きつけるのでしょうね。立ち上げから会社を率いてこられましたが、今年は立場が変わりましたね。

出口:代表取締役を退きました。

上野:最初から10年で辞めると決めていたのですか。

出口:いえ、退任は今年の正月に決めました。ライフネット生命のお客さまの大半は30代なので、経営陣をそこにマッチングさせた方がお客さまも安心するのでは、と思ったのです。古希を迎えた僕が退任して、30代の2人を新任の取締役に選びました。10年一所懸命働けば、リーダーの気持ちが分かるだろうと考えて交代しました。

上野:そんなふうに思い切って人に任せられるのは、出口さんご自身が若手育成に目配り気配りをなさっているからでしょうね。

出口:動物の究極の目的は次の世代を育てることに尽きます。人間も動物ですからね。

上野:ブログにも「若者を育てるのが仕事だ」と書かれていましたね。後進育成も自然体でとらえているのだと思いました。書籍もたくさんお書きになっていますね。

出口:”遺書”の1冊を除いては、すべてライフネット生命を立ち上げた後に出版したものです。

上野:特にこの2~3年は歴史の本を集中的に書かれています。きっかけはどんなことですか。

出口:大学教員の友人に、自分の代わりにイスラム史の講義をしてほしいと頼まれ、それをTwitterでつぶやいたのが発端です。「私も聞きたい」とフォロワーの方から声が上がって、本当に20人ぐらいで勉強会を開いてくれました。それが好評で、今では100人以上集まるまでに広がりました。そこに出版社の方が来られて、本にしましょうと声をかけていただいたのです。

上野:それにしても大変精力的な執筆活動だと拝見していました。

出口:澤上さんに言われたとおり、話が来たら原則全部「イエス」と言っていますからね。

「10人集まったらどこへでも講演に行きます」と宣言してはや10年。今も年間約300回の講演をこなす。

ライフネット生命保険は2012年3月、東証マザーズに上場。翌13年、30歳近く離れた岩瀬大輔氏(左)が社長に就き、出口氏は会長に。

子どものころから本が好き


上野:歴史好きの経営者は多くいますが、イスラム史の講義ができる人はほとんどいないでしょう。

出口:単に読書量の問題だと思いますよ。僕は子どものころから読書が大好きで、研究書なども読んでいました。前職の時は週に10冊は読んでいましたから。

上野:でも読んだものがちゃんと身になっているのがすごい。イスラムの歴史を詳しく知るようになったきっかけはありますか。

出口:面白いからです。パウロがダマスカスに馬を飛ばしている時、突然閃光が生じて落馬し目が見えなくなりました。そしてイエスの声が聞こえて、キリスト教に改心した。こんなエピソードは千三つだと思うんですよ。人間の成長は、毎日会うたくさんの人たちや、読んでいる本、旅の中で感じる人間の考えや歴史といったことから生じてくると思います。人間って面白いと思いませんか?

上野:面白いって大事なことですね。最近は『「全世界史」講義』という本を出版されていますが、日本史にもお詳しいですよね。

出口:僕は日本史はないと言っています。世界史の中の一つの地域史としての日本史があるという考え方です。

例えば、ペリー来航は捕鯨のためと言われていますが、それは嘘です。彼はアメリカ議会で、中国市場をめぐる大英帝国との争いに勝つために、太平洋航路を開き、日本を開国させるとはっきり証言している。だけど200年も鎖国をしている相手に、いきなり世界戦略の話をしたらびっくりして開国を拒むかもしれない。だから日本人に分かりやすい捕鯨の話をした。

そのため、いくら日本の文献を洗い出しても真実は出てこない。世界史から見ないと本当の日本の歴史はわからないのです

生命保険の原点に回帰


上野:歴史もマクロに見ると真の姿がみえる、というのはそういうことなのですね。こうしたお考えが、ライフネット生命の「人生に、大切なことを、わかりやすく」というスローガンにもつながっているのでしょうね。

出口:「正直に経営し情報公開を徹底する」「わかりやすくする」「安くする」「便利にする」この4つを当社のマニフェストとして掲げました。

上野:シンプルで本質を突いていて、従来の保険のイメージとずいぶん違いますよね。

出口:近代生保のモデルは、約250年前に数学者のジェームズ・ドドソンが考案しました。彼が考えた生命保険は、分かりやすくシンプルで安価なものだった。その原点に戻ったのがライフネット生命です。どんなことでも誕生した時にその本質があるというのが僕の考えです。

上野:原点と言えば、出口さんはよく哲学者のエドマンド・バークの話をされますね。

出口:僕は、人間は賢くないと思っています。バークは、賢くない人間が「自由だ平等だ友愛だ」と、フランス革命を起こしたことに反発した。人間観には、頑張って勉強すれば賢くなるという見方と、人間はいくら勉強してもたかが知れているという見方に分けることができます。僕は後者なので、バークには親近感を抱いています。

上野:「正直」「誠実」という仕事の美意識は、歴史を学ぶところから得られたのでしょうね。

出口:歴史を見ると、正直で正道を歩んだ人がだいたい勝っていますからね。僕はダーウインの進化論が正しいと思います。賢者や強者が残っていくのではなくて、変わっていく世界に適応できた者だけが生き残るのだと信じています。

昔の人はどう考えたのか。世界の人はどう考えているのか。歴史を学ぶ意味はそこにあります。それを、エピソードではなくて、エビデンスで裏付けて初めて人間のことがわかる。

哲学者のフランシス・ベーコンは「知識は力なり」と言いました。工場モデルの高度成長社会では皆で決めたことを、空気を読んで協調していけばよかった。けれどサービス産業の時代は、自分で考えることしか付加価値の源泉がありません。自分の頭で考えて、自分の言葉で自分の意見を言える能力を、社会全体で高めていくこと以外に、この国の未来はありません。そういう意味では、大学はものすごく大事なので、ぜひ頑張っていただきたいです。

上野:ここで激励されると身が引き締まります。こうしたお話が、ライフネット生命の事業や広報にも、また社員の皆さんにも反映されているのかなと感じます。

出口:経営は美学や成功体験に頼るのではなく、数字・ファクト・ロジックを基にしなければ長続きしません。

上野:バークがお好きなのは美学の故かと思っていましたが?

出口:僕はリアリストです。リアルに人間や社会を見ることが好きなのです。世界は自分の足で歩いて初めて分かるものです。だから僕は「人」「本」「旅」が基本で、たくさん人に会い、たくさん本を読み、たくさん旅をする。それ以外に人間が賢くなることはできないと思っています。

上野:知識と知恵の積み重ね、という極意が見えてきました。ありがとうございました。