ベンチャー企業こそ「広報」と「知財」を重視すべき

ユーグレナ 代表取締役社長 出雲充氏


「ミドリムシ」に魅せられユーグレナを創業して12年。世界から栄養失調をなくすという大きな「夢」を掲げ、その実現に向け着実に歩みを進めている。


ユーグレナ 代表取締役社長
出雲 充(いずも・みつる)氏

1980年生まれ。東京大学農学部卒。東京三菱銀行(当時)を経て、2005年8月ユーグレナを創業(現職)。同年12月、微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の食用屋外大量培養に世界で初めて成功。2015年、第1回「日本ベンチャー大賞」内閣総理大臣賞受賞、第31回「企業広報賞」企業広報経営者賞受賞。

[聞き手]
社会情報大学院大学 学長 上野 征洋(うえの・ゆきひろ)

日本広報学会副会長、静岡文化芸術大学名誉教授。2012年、事業構想大学院大学副学長を経て現職。内閣府、国土交通省、農林水産省などの委員を歴任。早稲田大学卒、東京大学新聞研究所(現・大学院情報学環・学際情報学府教育部)修了。

夢の実現へ一歩踏み出す


上野:出雲社長にお話を聞くのは3年ぶりです。前回は、バングラデシュで栄養失調の子どもたちを見て起業を決意したといういきさつや、ミドリムシ屋外大量培養の実現に向けたご苦労などについて伺いました。さらに、2020年に向けた国産バイオジェット・バイオディーゼル燃料の実用化計画についてもお聞きしました。

出雲社長は12年を1サイクルと考えているということでした。2018年は2005年のユーグレナ設立から13年目に入る節目の年です。今回は、次の12年に向けた夢の続きを楽しみにして来ました。

出雲:「続きを聞きたい」という取材は珍しく、本当に有難いことです。2018年については2つの側面があります。ひとつは3年前にお話しした計画が順調に進んでいること。もうひとつは、当時は予想していなかったような大きな変化が起きたことです。

前者については、ミドリムシなどの微細藻類のバイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラントの着工にようやくこぎつけました。場所がなかなか決まらず苦労しましたが、旭硝子が京浜工場(横浜市鶴見区)内に約7700平方メートルの土地を提供してくださいました。お陰さまで2018年10月31日にその実証プラントが完成し、いよいよバイオジェット燃料とバイオディーゼル燃料の製造が始まります

上野:いよいよ夢の続きに近づいてきましたね。

出雲:後者の予想していなかったこととは、フランスや英国が2040年までにガソリン車・ディーゼル車の販売を全面禁止すると決めたことです。場合によっては中国までもがそれに続きそうです。大きな流れは予期できましたが、思いのほか速く進んでいるという印象です。

もっとも、自動車は電気に替わっていくでしょうが、飛行機が電動に替わることは絶対にありません。そこで、主にバイオジェット燃料の開発に注力することにしました。それが今、投資家の方々や社会から注目していただけているのは、予想以上に社会の自動車に対する環境技術のテーマが変わったからだと思います

もう一つの大きな変化は、米国のトランプ大統領がCOP21で定めたパリ協定からの離脱を発表したことです。これはネガティブなショックですが、一方で米国以外の主要国はトランプ時代が終わった後の世界を見据えて電気自動車に急速にシフトしつつあります。バイオジェット燃料の需要も高まっています。社会の変化は予想以上にダイナミックですが、大枠では研究をスタートした時の目論見から外れていないと考えています。

バイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラントの起工式。2019年前半にはプラントが稼働する予定だ。

優れたパートナーと協業


上野:出雲さんのビジョンに時代がやっと追いついてきたのだと思います。世界のエネルギー事情はここ20年ぐらいの間に大きく変わっていくわけですが、バイオジェット燃料は強みになるだろうと思います。先見の明を感じます。

出雲:バイオ燃料にフォーカスしたのは、我々がベンチャーだからです。大学発ベンチャーは大企業のように資金や人手が潤沢ではありません。だからミドリムシの強みを発揮できるところに絞り込む必要がありました。それが、絶対になくならないであろうバイオ燃料だったのです。

上野:2015年には第1回「日本ベンチャー大賞」の内閣総理大臣賞を受賞されました。今では出雲社長に出資したい人は多いと思います。ベンチャーから進化して、会社のステージがかなり変わってきた、ということですね。

出雲:会社が成長してくると、いろいろなことを自前でやりたくなります。ミドリムシにかかわる部分はそれでもいいと思いますが、例えば石油についてはJXTGエネルギーがトップですし、プラントと言えば千代田化工建設、航空会社ならANA(全日本空輸)といった優れた企業があります。こうしたパートナー企業の力をお借りしながら大きな力にしていけることもベンチャーの醍醐味。だから今が一番楽しいです

上野:それはうらやましいです。話は変わりますが、「グラミンユーグレナ」というグループ会社を立ち上げられ、バングラデシュで野菜を作っているそうですね。もやしの原料の緑豆でしたか。現地に仕事を生み、緑豆は日本に輸出してもやしの原料になると聞いています。ベンチャーとソーシャルビジネスがうまく融合しているという印象を持ちました。

出雲:バングラデシュでは今、2つのプログラムが動いています。その一つが「グラミンユーグレナ」が行う事業です。バングラデシュのグラミングループと合同で実施しているソーシャルビジネスで、その第一歩が「緑豆プロジェクト」です。日本はもやしの原料の緑豆をほぼ100%輸入に頼っていて、世界的な食糧価格高騰のあおりに見舞われています。

そこで、バングラデシュの農家が育てている緑豆の生産性を日本の技術で安定的に向上させて、日本に供給しようという、売り手、買い手、世間の「三方良し」を目指す活動です。今後、数年で1万人の農家に参加いただける規模を目指しています。ただ、特にこの2年間はバングラデシュでは大変な大雨が続いたため、収穫量が例年より落ちてしまい苦戦していましたが、2017年の収穫量は拡大する見通しです。

もう一つのプログラムは、「ユーグレナGENKIプログラム」です。野菜・肉・魚に含まれる59種類の栄養素をバランスよく持つユーグレナを、栄養失調に苦しむ世界中の子どもたち届けることを目標にしたプログラムで、2014年のプログラム開始初年度はバングラデシュの小中学生約2500人からスタートしました。今は毎日実質8000人の小中学生に給食としてミドリムシの入ったクッキーを食べてもらっています。

「グラミンユーグレナ」も「GENKIプログラム」も、まずは1万人で運営ができるようにしたいと思っています。「1万人」のノウハウをワンパッケージにして、それを10カ所でやれば10万人に展開できますから。2020年までには成功事例を出したいところです。

グループ会社「グラミンユーグレナ」がバングラデシュで手がける「緑豆プロジェクト」。現地の農家を支援し、緑豆の安定供給を目指す。

企業広報賞がつないだ縁


上野:社会的意義の大きいこうしたプロジェクトを、ぜひ成功していただきたいと期待しています。

2015年に「企業広報賞」の企業広報経営者賞を受賞されました。伊藤忠商事の岡藤正広社長と一緒に並んで受賞されたのが非常に印象的でした。

出雲:創業3年目の2008年、私は出資者や提携先を探して企業を訪問していて、連続で500社に断られました。もうダメかと思った時、501社目に手を差し伸べてくださったのが伊藤忠商事です。当時の小林(栄三)会長と岡藤社長は「ミドリムシは面白い。どんどんやったらいい」と、熱心に応援してくださいました。本当に感謝しています。その岡藤社長と一緒に受賞できたのは、言葉にできないくらい嬉しい出来事でした。

上野:約10年前に伊藤忠商事と出雲社長が出会って、それぞれの世界で歩んでこられ、経済界から同時に表彰された。偶然ですが、私は見えざる手による歴史的必然を感じましたね

出雲:同じ時、「企業広報大賞」を受賞したのはマツダでした。電気自動車とは逆張りの「ディーゼルエンジンを究める」会社です。

現在のバイオディーゼル燃料は、バイオ燃料が最大で5%まで入れてもよいと決まっています。私たちがつくろうとしているミドリムシバイオディーゼルは、軽油を一切使わない、100%ミドリムシなどの微細藻類でできた究極の次世代型バイオディーゼル燃料です。ミドリムシなどの微細藻類からつくった究極のバイオディーゼル燃料とマツダの究極のディーゼルエンジンによって、地球環境にダメージを与えずに、ガソリン車と同じようなドライブの楽しみを味わえるようになったら、すごく意味のあることじゃないでしょうか。

ベンチャーこそ広報が必要


上野:10年後がさらに楽しみになりました。出雲社長ご自身がいろんなところでお話しになること自体が大変素晴らしい広報活動であるという声をよく聞きます。

出雲:僕は会社をつくる時に色んな大学発ベンチャーを調べて、うまくいっていないところには決定的に足りないことが2つあるということに気づいたのです。それは「広報」と「知財」です。大学発ベンチャーは、技術が優れていればいるほど自信過剰になり、広報と知財をおろそかにする傾向にあります。

こんなに素晴らしい技術なのだから広報しなくても世の中の人は気づいてくれるはずだと広報に力を入れない。その結果、誰にも気づかれないまま終わってしまう。また、こんなにすごい技術は誰も真似できないだろうと知財を保護しない。大企業の力をみくびってはいけません。彼らが本気になれば、3年で何でもできると思ったほうがいい。

一番大切なものは広報と知財です。私はこれまで、世の中の人々にミドリムシについて知っていただくことに一番パワーを使ってきました。もちろんベンチャーが生き残る切り札となる知財も重視しています。お金がない大学発ベンチャーだからこそ、何よりも「広報」と「知財」を大切にしなければいけない。これは私の創業時からの信念です。

上野:素晴らしいことです。大胆な発想と謙虚な信念、これからベンチャーを目指す若い人たちにとっても示唆に富んだアドバイスだと思います。