ライフスタイル

背景

働きながら週2~3日の通学、どのように時間をやりくりしているのでしょうか。院生のライフスタイルを紹介します。

太田 由美 (ヤマトコンタクトサービス・2017年度入学)

所属会社での働き方改革が進み始めていたため無茶な業務命令が減り、夜間に通学することができるようになりました。入学前は「通いきれるだろうか」と不安でしたが、会社内での理解と院生同士の研鑽があれば、社会人でも大学院に通うというスタイルを選択することができます。

池本 知恵紀 (帝国ホテル・2017年度入学)

周りの人たちに自分の応援団を増やし、助言や励まし、時間のやりくりへの協力を仰ぐ、時に素直に頼ることも大切です。学生という2足の草鞋を履くことでやりくりが上手になり、否応なく「セルフ働き方改革」もできました。