社会情報大学院大学への招待

 現代社会は、高度情報社会といわれています。「情報」が不要な人はもはや誰もいません。むしろ、情報を遮断して生活することすら不可能です。わたしたちは、常に様々な情報に触れて、その情報が価値あるものか判断をしています。しかし、フェイク・ニュースに代表されるように真に価値のある情報を判断できているでしょうか。情報の価値は、社会の変化によっておおきかわってしまいます。あらゆる社会情報を的確に扱うコミュニケーション戦略が高度情報社会では不可欠です。実際、見渡してみると「コミュニケーション戦略」の専門家はほとんどいません。

 「コミュニケーション戦略」の専門家は、企業、行政、研究などのあらゆる分野で求められています。

 例えば、企業のなかでは広報、マーケティング、経営企画などに不可欠な人材です。どんなによい新規事業・サービス・モノがあったとしても、情報がなければ誰も認知しません。情報社会において「情報」は重要な経営資源であることはいうまでもありません。行政の場面においても、行政の活動を市民に報告する必要がありますし、政策広報も不可欠です。さらに、パブリック・アフェアーズ戦略が必要になることもあります。こうした、コミュニケーション戦略の実務課題を検討し、新たな解決策フレームワークをつくる研究が求められています。
 
 情報社会とは、「情報が社会の資源となり、情報によって動く社会」を指しています。社会情報を学び、研究することとは「社会のあらゆるもの」を対象としているのです。どのような問題も「社会情報」を抜きにしては語られないのです。社会がいよいよ不確実になっていくなかで、社会の変化をいち早くつかみ、自分自身の手で情報秩序を創り上げる必要性があります。そのためには、「社会情報」を自分自身で研究し、これから何をすべきかということを見つけ出す必要があります。

 社会情報研究は、まだ始まったばかりです。今まさに、社会情報のスペシャリストが求められていると同時に、誰もが実務・理論の分野でトップランナーとなるチャンスがあるのです。社会情報大学院大学では、様々な問題意識に応えられる教育・研究環境を整えています。

 社会情報大学院大学で学び、研究することで発見しませんか。